電動シャッターでラクラク操作|安い費用でシャシャッと設置

作業員

料金の確認

平均的な価格と耐用年数

電動シャッターとはモーターにて電動で開閉を行うシャッターのことをいいます。開閉操作はリモコン1つで行うことができとても便利です。電動シャッターを最も安価で設置する方法は、既存の手動シャッターから電動化することです。既存シャッターのレールやケースをそのまま使用し、モーター付きシャフトへ変更します。この方法の場合の平均的な価格を紹介します。シャッターの高さと幅により価格が異なります。幅2メートル×高さ1.5メートルの場合は約24万円、幅4メートル×高さ3メートルの場合は約34万円になります。この価格には室内スイッチ用と手持ち用のリモコン1個ずつを含まれています。平均的な耐用年数はメーカーよってもことなりますが、1日2回の開閉で約15年になります。

電動シャッターの特徴

電動シャッターの特徴を手動シャッターと比較して紹介します。まずは操作面になります。電動シャッターの場合、リモコン操作のみでシャッターの開閉ができるため圧倒的に楽です。さらにシャッターの開閉音も静かで、早朝や夜間の開閉も気になりません。次は防犯面になります。電動シャッターの場合、シャッターを開けるためにはモーターを回す必要があります。そのため外部からの侵入を防ぐという意味では電動シャッターの方が有利です。最後は価格面になります。電動シャッターの場合、初期費用としてモーター付きシャフトやスイッチ用のリモコンなどの費用がプラスアルファーで必要になります。さらに月々の費用としてモーターを回すための電気代も必要になります。